皇潤 効果なし ヒアルロン酸

皇潤が効果なしの真相は?


年齢を重なることで徐々に軟骨がすり減ってしまうと、軟骨はそもそも衝撃を吸収して痛みを和らげるためのクッションの役割をしているためにそのクッションが薄くなることで歩くときに痛みを生じたり、足をスムーズに動かせなくなったりします。

 

一度すり減ってしまった軟骨は体内ではもう増えることがないため、
サプリメントなどから摂取してサポートしていくしかないのです。

 

皇潤は、食べるヒアルロン酸として関節痛を和らげる効果があるとされていますが、実際利用していても効果なしという口コミが多いとされています。
ただ、良い評価は80%もあるとされていることから全く効果なしというわけではないのに、どうして人によって効果の出方に差が出るのでしょうか

口コミを見てみると…

効果なしという口コミをしている人を見ると、皇潤の摂取期間が数週間から数か月という人が多く、ほかのヒアルロン酸が含まれているサプリメントなどに変えていることがあるようで、実はここに効果なしと訴えるからくりがあるとされています。

 

そもそも皇潤は薬ではなく健康食品であるため、摂取したからと言ってすぐに関節鵜が良くなったり足の動きが著しくスムーズになったという効果が期待できるものではありません
CMなどでも宣伝しているように、長い期間継続して摂取することで徐々に穏やかに効果が期待できるようになるものなので、数週間摂取してだけでは効果なしという結果になるのは当たり前と言えるのです。

 

続けることが大切

皇潤は続けてみて初めて効果が実感できるものですので、関節痛を改善したのであればしっかりと長い期間摂取し続けるのが良いと言えるでしょう。
もちろん、経済的な理由から別のもっと価格の安いサプリメントに変更するのは個人の自由ですので、効果が期待できる前にやめてしまうのは仕方ないと言えます。

 

ただ、皇潤で効果を実感したい人はある程度長い期間摂取し続けるのが良いでしょう。

関節痛には北国の恵みもおすすめ


実は、関節痛を和らげたいと考えているのであれば皇潤よりも北国の恵みのほうがおすすめと言えます。
そもそも、軟骨というのはプロテオグリカンとU型コラーゲンという成分も含まれておりヒアルロン酸だけ摂取していてはあまり効果がないのは当たり前と言えるのです。

 

同じく、グルコサミンやコンドロイチンなどもあくまで軟骨を形成する成分であるプロテオグリカンの一部であるため、摂取したからと言って効果が期待できるかどうかは難しいところだと言えます。

 

北国の恵みは、これらの軟骨成分をそのまま一粒に凝縮して体内に存在する時と同じ非変性の状態で摂取することができるので、加齢によって関節痛や足腰の稼働期の狭さに悩んでいる人に非常のおすすめと言えます。
皇潤では物足りない人や、本気で関節痛を何とかしたい人は北国の恵みを摂取してその効果の高さを実感してみてはいかがでしょうか。